学ぶきっかけ舎

ハッピーのカタチとは? ペットからどんなハッピーをもらいたい? 

ロボット・プログラミングで自分の心が喜ぶペットを創り出そう!

 
現在、新型コロナウィルス対策のため教室は休講中ですが、オンラインまたは訪問のレッスンは継続しています。
 
 

 

 自分の心が喜ぶペットってどんなペットだろう?まずはそのカタチを想像するところから始めます。カワイイ顔?抱きしめたくなる姿?癒される動き?思わず歌いたくなる音?ウキウキしたくなる光?等、自分の心と向き合いそこから湧き上がる想いをカラフルなブロックで造形します。
 
 ある男の子は、ミミズクのペットを創りました。そのペットを創ったきっかけは、お友だちが創っていたミミズクを見て「兄弟をつくってあげたい!」とひらめいたから。その子が思い描いたハッピーのカタチは音が聴けること。なぜその音にしたの?と聞くと「この音はミミズクが『がんばって!』と応援してくれるからハッピーになれるの」と。また別の男の子は、オリジナルの生き物を創り、手を振る動きをプログラミングしました。「バイバイって手を振ってくれる時にハッピーになれるから」と。子どもらしいピュアな想いは、きっとみんなの心も温かく包んでくれるでしょう。

 プログラミングは時折、びっくりするほどの速さで回転したり、笑ってしまうような音が出たりと予想もしなかった動きが生まれ、新しい発見があることも。思わぬ展開もプラスに捉え、偶然誕生したペットからハッピー体験を共有していきましょう。
 
 最後にはそれぞれのペットをお披露目し、発表します。
ペットの名前や動きの紹介とともに、 “ペットにどんなハッピーをもらいたい?”の答えを自分の言葉で表現します。このペットだからこそ、自分はハッピーになれる!という力強い想いをみんなで共有し、新たなハッピーの連鎖が生まれることを期待しています。
 
 当教室ではAI時代到来に備え、STEAM教育の”A”(ART)に最もフォーカスし、学ぶきっかけ舎らしく遊びの中で教育活動を行なっています。
創造的思考力と論理的思考力だけでなく、一人ひとりのアーティスト性を引き出しながら、お子様たちの中から湧き上がる豊かな発想を開花するきっかけになりたいと願っています。ワクワク感溢れるハッピー体験を皆さんとスクランブルさせることを楽しみにしています。


当教室では、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV
® 」( クーブ)を使用しています。 「KOOV®」 は ブロックの造形を工夫することで表現力を高め、プログラムで 動かすことで 探求心を培い、豊かな創造力・思考力を育みます。 
 

学ぶきっかけ舎のプログラミング教室はお友だちや先生と相互に関わりながら学ぶきっかけを見つけて伸ばす【インタラクティブ才能教育】でお子様の2つの思考力を伸ばします。2つの思考力とは、次世代に最も必要とされる【クリエイティブ・シンキング】と【ロジカル・シンキング】です。それらを教育的側面と芸術的側面の両側面から育み、個性豊かに問題解決できるよう導きます。

プログラミング教室開講にあたって

当教室の歴史

今、最もブームのプログラミング。
街のあちこちで体験できる機会が急激に増えましたね。
もう、お子様は一度は体験されましたか?

当教室のプログラミング教室のカリキュラム開発は20年以上も前に遡ります。
当時はまだパソコンが家庭に普及しはじめたばかりで、子どもたちはパソコンで絵を描いたり文字を入力しながら、創造することを楽しんでいました。
当教室経営者とそのメンバーは、Windows95の時代から子ども向けプログラミング教育のコンテンツ開発に携わりました。


当時、ツールとしてパソコンを使いこなし、プログラミング言語を用いてゲームやアニメーションを作っていた子どもたちは、立派な大人に成長しました。
彼らは皆、有名大学へ進学した後、一流企業で活躍しています。
その共通点は、彼ら全員がプログラミングコースを選択していたこと。それは単なる
偶然ではなかったと実証できます。

彼らの強みは何と言っても、ロジカル・シンキングが優れていること。
ロジカル・シンキング(論理的思考力)とは、物事を整理し、分析したり分解してそれらの関係を明確にした上で、問題解決へ向けて筋道を立てて考えられる力のことです。
子どもたちは自分が作りたいものを実現するために「トライ&エラー」の精神で、試行錯誤を繰り返し、思い描いたイメージを具現化する過程で考える癖がつき、集中力、探究心をも同時に身につきました。
こうして当時、まだ日本の教育現場ではなかなか学べる機会の少なかった"物事を論理的に考え抜く力"は、プログラミングのものづくりを通して、着実に培われていきました。
 

未来へ向けて

さて、あれから20年あまり。AI時代を目前に、情報教育の現場も進化し続けています。2020年よりスタートするプログラミング教育必修化も、その流れに大きな影響を与えている要因ですね。
そろそろ我が子にもプログラミングを学ばせたいとお考えの親御様。ぜひお伝えしたいのは、何を作るか?何ができるか?という目先の成果物ではなく、今すぐ結果は出ないけれども、将来必ず役に立つ力を身につけさせるという視点で、お子様にとって最適なプログラミングの学習環境を選択していただきたいと願っています。
 
当教室は、この見えない力を最も重視した指導法にこだわり、実践している教室です。
社名(学ぶきっかけ舎)の由来にもなっている、"お友だちや先生と相互に関わりながら学ぶきっかけを見つけて伸ばす”を理念に、様々な講座を提供しています。
プログラミング教室ではその理念の基、【インタラクティブ才能教育】でお子様の2つの思考力を伸ばします。
一つはロジカル・シンキング(論理的思考力)そして、もう一つはクリエイティブ・シンキング(創造的思考力)です。クリエイティブ・シンキングは枠組みにとらわれず、自由な発想ができる力のことで、当教室の絵本教室はまさにこの創造的でしなやかな思考力が自然と養われる人気講座であり、数多くのお子様の成長を見届けてきました。
 
最近、俄かにロジカル・シンキングからクリエイティブ・シンキングへ時代は移りつつある?…という説もありますが、私たちはどちらもバランスよく持ち合わせることが最も重要だと考えます。

(1)まず自由にひらめき、夢中になって臨むこと。= Creative Thinkng
(2)次に自分と対峙し、自分の頭で考え抜くこと。= Logical Thinking
 
2つの思考力はこの繰り返しにより定着していくでしょう。
当教室では、2つの思考力の定着を最優先し、教育的側面と芸術的側面の両側面から育み、個性豊かに問題解決できるよう導きます

体験レッスンのお申し込み